「辛辛魚まぜそば」を食べてみた

 

Ainowo
こんにちは。Ainowoです。

 

出会いは突然、なんて言い方をされることがありますが、つい先日、私もコンビニで突然の出会いを果たしてしまいました。

……ん?「辛辛魚」……?辛辛魚のまぜそば、だと……!?

どうやら、7/23からローソン限定の商品として、この「辛辛魚まぜそば」が発売されているようです。

そして、そう「辛辛魚」と言えば、激辛系ラーメンの中でも私がトップクラスに好きな麺。

そんな「辛辛魚」のまぜそばが出ていたなんて……

ちょっと待って無理、マジ無理。尊すぎて死ぬ。はぁ……好き……(突然限界化するオタク)

寿がき屋さん、マジでありがとう…….。辛辛魚の新商品を開発してくれてありがとう……。

一つだけわがままを言うなら、辛辛魚のカップ麺は通年で販売してください……。それがダメなら、せめて季節ごとに1回くらいのペースでお願いします……。

……思わず心の願望を垂れ流してしまいました。いかんいかん。今日のメインはこのまぜそばでしたね。

早速食べてみましょう。

辛辛魚まぜそば:調理編

蓋をめくると3つの小袋が。

「あとのせかやく」「液体スープ」「粉末スープ」の3つですね。

「粉末スープ」……そうか「粉末スープ」かぁ……やっぱり辛辛魚と言えば、あの“赤い粉”だよなぁ……

んーと、カップ側面の説明を読むと、まずは何も入れずにお湯を注げばいいみたいですね、よし。

ではでは、お湯を注いで4分間待ちましょう。

あ、お湯を注いだら蓋の上で液体スープを温めると良いみたいですよ。

~4000000000000分後~

はい、時間が経ったので、お湯を切りました。

こうして見てみると、この細さといい縮れ具合といい、麺は元の辛辛魚と変わらないのかな?すごく既視感のある麺ですね。

では、液体スープをそぉい!だばぁ!

この時点でもう辛そう……。

匂い……はそんなに無いかな?

そして次は例の「粉末スープ」を

そおい!

相も変わらず見た目に辛い粉末だ……

とは言え、元の辛辛魚と比べると若干量は少なめかな?

そうして混ぜてみると、来た来た来ましたよ。
辛辛魚特有の魚介の香りがプ~ンと……

最後にフライドガーリックがたっぷりのあとのせかやくをかけて完成。

おお、美味しそう。

では、いただきます。

辛辛魚まぜそば:実食編

まずは、一口……

おお!汁がないけど、あの辛辛魚の味がすr……辛い!!

これこれ、これですよ。

旨いけど辛い、辛いけど旨い。

しっかりと辛辛魚のあの魚介豚骨の旨みは出しつつも、まぜそば特有の濃いめの味付けがされていて、とどめにフライドガーリックのパンチがしっかり効いています。

端的に表現すれば、まさしく「辛辛魚」の「まぜそば」というテイストです。

あの「辛辛魚」特有の味を残しつつ、濃いめでパンチの効いた味にアレンジされています。

ただ、ただ少し言わせてもらうと若干……ほーんの少しだけ辛さはマイルドになっているかな?と言う感じでした。

確かに味は美味しいんだけど、口の中が辛くて箸が止まってしまう……というようなこともなく、するっと完食してしまいました。

辛辛魚まぜそば:総評編

総評としては、「美味い」!!

それに尽きます。「辛辛魚」のあの魚介豚骨が好きな人ならまず間違いなく食べて損はしないでしょう。

全国10000000000000000000000000人の辛辛の民のみなさん、破産の準備をしておいてください!(ワザップ)

辛さが若干マイルド目(※)になっているのも、むしろ気軽に食べやすくなっているかもしれません。

(※辛い物好きの感想です)

また、ローソン公式の紹介で、冷えたビールに合わせるのもおすすめ、などと言われているのですが……

合わないわけがないだろうこれは……

なんてエグイおすすめをしてきやがるんだこいつは……絶対次はビールと一緒に嗜みます……

それでは今回はこの辺で。

Ainowo

 

編集追記

しなー
あっ……(食べなければならないことを察した顔)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です