司法書士試験を受けることになってしまった男のひとり語り

 

どうも、しなーです。

司法書士って知ってます?司法書士。

多分聞き馴染み無いかもしれませんが、不動産とか法人とかの登記を生業とするインテリ集団です。

もっと簡単に言うなら、弁護士一歩手前ぐらいの専門知識を持つインテリが、司法書士になります。

銀行員とかだと登記でお世話になることもあるので、もしかすると関わりがあるかもしれませんが、一般人だとほぼほぼ関わる機会はない職業やもしれません。

とりあえずは弁護士に準ずるぐらいの結構な難関資格が司法書士っていう資格なんですが……

 

なんか今回、司法書士の資格試験にチャレンジすることになってしまったんだよね。何故か。

ことの経緯

 

僕が努めている会社では、ちょっととある方面の事業に繰り出そうかなーなんていう話を現在している段階なんですね。

勘が良い方はもしかしたらわかるかもしれませんが、ワンショットの大きいあの業界です。

そしてその業界って司法書士と関わる事がめちゃめちゃに多いんですよね。

それこそ所有権とかを主張するには登記!登記!って話なので、登記が出来る専門職たる司法書士とはズブズブなわけです。

でもその専門職に外注したとしても、相手によっては仕事が遅い可能性があるわけですよ。

加えて相手も人間ですし、かなりの機密情報を渡すわけなので、万が一にも失敗されたらやばい……。

それじゃあどうするか。

うちの社長の出した答えは超絶簡単でした。

 

社長「しなーくんが司法書士試験に受かれば全く問題ないよ!」

 

しなー
その発想はなかった。

司法書士のやること

 

先にも書いたとおり、司法書士の先生と関わることって人生であんまりないと思います。

なのでイメージがつきにくい職業の一つではあると思いますね。

簡単にこの人達のやっていることを言うと、不動産とかの登記を担当しています。

例えば土地を買うとしましょう。

土地って買うとき、

「お金払ったからこれ俺のもの!!!」

ってわけにはいかないんですよね。

  • この土地はいくらで買われて
  • 誰から譲り受けて
  • 今誰が持っているのか

みたいなのを国に対して記録してやる必要があるわけです。

これが”登記”と呼ばれる行為で、裁判にも使われるような証拠となります。

これって基本的に本人しかできないんですが、それを代理で行うことの出来る職業があります。

それがそう。司法書士なのです。

難しそうですね。

受けろと言われたので難易度を調べてみた

とりあえずGoogle検索で世界をみる

試験費も勉強代も全額出してくれるという神仕様な我社。

銀行時代は

「お前この試験受けろよ。全員受けるから」

しなー
あ、はい。これって費用は……。

 

「あ?費用?お前持ちに決まってんだろ。舐めてんのか?」

しなー
あ、いや、そんなわけじゃ……。受けます。受かります。

 

「ちなみにこれ受からなかったら昇格はねぇかんな。覚えておけよ」

しなー
\(^o^)/

 

って感じだったので、マジ天国。ビバ社長。

 

とはいえ、試験の難易度とそれとはこれまた別の話。

司法書士がどんなもんかちょっと調べてみました。

司法書士の難易度調べてみた

 

今回調べるにあたって資格のとり方というサイト様を参考にさせて頂きました。

https://shikaku-fan.net/national_qualification_rank.php

そしてこれが資格のとり方様が提示している国家資格の難易度ランキングになるんですが、

まぁ上から見ていって、大体見知ったような職業しかないですよね。これ。

予想していた通り、偏差値の上位は弁護士だの医師だの会計士だの、もう名だたる職業ばっか。

とてもじゃないですが僕ごときに取れるような資格だとは思いません。

こんな資格取れる人たちは一体どれだけの研鑽を積んだんだよ……

などと思いながらも、司法書士試験の難易度を探す僕。

Ctrl+Fキーを押すとページの検索が出来るという豆知識を披露しながら、”司法書士”を検索すると……

……?

…………????

……………!?!?!?!?!?!?

難易度は公認会計士とかの次らしい

どうやら司法書士、

公認会計士とか弁護士に継ぐぐらいの難易度があるらしいです。

まじぱねぇ。

公認会計士とか弁護士って……。いや無理だろそんなん……。

受かるための合格時間

どのくらい勉強すりゃええの?

って思ったので、調べてみました。

どうやらこの資格、勉強時間3000時間必要らしく、普通に早稲田入るぐらいの勉強時間が必要な資格だとか。

……えぇぇ。

ということは、もう一年浪人するぐらいの勢いでやらなきゃこの試験受からないってことですよね……?

一日14時間とか勉強していた、あの時と同じくらい勉強しないと受からないという、そういうことでは……?

無理ゲーktkr!!!

結論:司法書士は無理ゲー

 

とまぁ簡単に司法書士のまとめでした。

銀行員時代にお付き合いがございまして、難しい職業であるというのは知っていたのですが、まさかここまでとは……。

一応登記という言葉には馴染みが無くはないし、なんなら登記のために必要な書類には散々苦しめられて来たので、結構詳しくはあるんですが、それにしても3000時間て……。

マジでやるとなったら受かってみせますが、さてどうなることやら。

次回、しなー、司法書士試験に惨敗する、の巻(続かない)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です