辛い物嫌い? が今更ながら『辛辛魚』食べてみた

 

ぱいせん
こんばんは、ぱいせんです。

 

なんかバカげた指示が出ているな?

ふざけてんのかコイツ?

あんな人知を超えた辛さを誇る……らしいものを?

 

食わせようと?

ふざけやがって……誰が食うかこんなん……

……

とは言え、だ。

このまま行ったら私が不当に「辛い物嫌い」と認定されたままではないのか?

↓でネタにされたり、

 

↓の記事のタイトルを勝手に「辛い物嫌い」にされたり、

 

悔しくないのか? 俺?

ここで逃げたら一生笑いものじゃないのか?

…………

なるほど――確かにそうかも知れない。

ここで漢を見せて、「辛い物嫌い」などという不名誉なレッテルを返上すべき時かも知れない。

こうして、

私はそんな自分の下らないプライドのために、

このバカげた闘いに身を投じることを決断したのであった――

邂逅

ある夜、西伊豆のどこかの薬局――

奴は静かに、挑戦者の来訪を待っていた。

私はおもむろに、その誘いを受け入れた。

役者は揃い、舞台は整った。

午前0時――対決の幕が、上がった。

調理

さて中二臭い前置きはこれくらいにして、調理を始める。

まずはかやくを投入。

どういうこっちゃ。

かやくが赤いってどういうこっちゃ?

こりゃあ……大変なことになりそうだ。

さて約4分、指示通りに待って液体スープを投入。

……赤いな?

不穏さを感じてしまうほどには赤い。

ちなみに先日私は別の「激辛」を謳うカップ麺を食したのだが、ソイツは↓な感じ。

明らかに赤さが違う。

やはり辛辛魚、ただ者では無い――

 

混ぜ終わると、↑の感じに落ち着く。

まあ辛そうだけど、こういうラーメンもありそうな気がする。

しかしこれで終わらないのが、辛辛魚の辛辛魚たる所以……!

なんだこの粉は……

魚粉っぽいけど、それにしちゃ赤すぎる。

とりあえず、激烈にヤバいことだけは確かだ……!

調理が完了し、いよいよ対決の刻と相成った……

実食

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kenken726/20160509/20160509213730.jpg

賽は投げられた。

私は慎重に、麺を啜っていく。

……

…………

………………辛い!

これだけ赤いのだから辛くないわきゃ無いのだが、やはり辛い。

経験上、何となく分かったのは……

これは食い進めば食い進むほど、辛さが増してくヤツだ……!

この後ボディブローのように効いてくるであろう辛さに恐れおののきつつも、少しずつ食い進めていく。

 

……しかし、私はその過程でもう一つの味に気付く。

それは魚粉の持つ、まろやかな旨み。

出典:https://t.pimg.jp/016/193/118/1/16193118.jpg

 

ここで私は、激辛党・Ainowo氏のレビューを思い出す。

辛いだけではなく、辛さの中に確かに感じられるのが

魚介のうま味

これこそが、辛辛魚。ただ辛いだけではないのが素晴らしい。

――Ainowo、2019年2月23日「反社畜同盟」内「辛いもの好きが『辛辛魚』食べてみた」より

なるほど。これには全面同意せざるを得ない。

確かに相当に辛いが、味は確実に美味いのだ。

辛辛魚の味の魅力に気付いてしまった私は額から汗を流しつつ、食うスピードを少しずつ速めていった。

めっちゃ辛い! でも普通に美味い!

そして私は、麺を平らげたのであった。

とは言え、スープは気をつけろ

さて、食ってる途中で私は

ぱいせん
意外といけんじゃねーか。ここらでスープを一杯

 

とレンゲ代わりにスプーンを取り出し、何口か飲んでみた。

…………

………………いや、ダメでしょ………これ………

魚介の旨味が染み込んだスープは確かに美味いのだが、いかんせん辛すぎる。

途中スープをカットインさせたせいで一気に苦しくなってしまった。

そして、私は悟る――

こりゃ完飲は無理だな……

一応完飲を試みるために↓のようなものも用意はしたのだが、

ぱいせん
どうせ完飲しねえしいいだろ

 

と、普通に何口か手を付けてしまった。

そして激辛麺の後の十六穀米の美味いこと美味いこと。

ぱいせん
うめえwwwwwwwwww

↑馬鹿

 

とかほざいてる間に全然関係ないこっちを完食してしまった。

 

この時放置していたスープは大分冷めていた。

ぱいせん
ゆーてワンチャンあるっしょwwwwwwww

 

とかお前自分のこと今何歳だと思ってんの的なことを思いつつ、飲んでみる。

……美味い。

今なら、完飲もいけそうだ。

一口、また一口と飲む。

そして5口目くらい。

…………

…………………今日はこの辺にしとくか。

 

完飲、失敗!w

まとめ

結局麺は完食したものの、完飲には失敗。

敗北と決めつけられるのはシャクだが、かと言って胸を張って勝利というのも違うか?

まあ、んなことどうでもいい。

今回私がお伝えしたいのは、

「辛辛魚は美味い」

という事実。

最初「敵」だとばかり思いこんでいた辛辛魚が、今は戦友のようにすら思える。

昨日の敵は今日の友――そんなあまりにもベタなセリフが思い浮かぶ。

ともあれ、ある程度辛いのがイケる人なら絶対楽しめる。

辛いものが好きなら、Ainowo氏が言うように「辛破(辛辛魚の買いすぎで破産すること)」なんてこともある……のかも知れない。

一度は試して損は無いはずだ。

オススメの一品です。

おまけ~当ブログの辛いカップ麺挑戦シリーズ~

ここに、仲間たちの激闘の記録を記しておく。

今後も我々の挑戦に、ご期待あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です