YouTubeの面白動画を紹介するだけ【閲覧注意】

Ainowo
こんにちは、Ainowoです。

 

唐突ですが、youtubeとか動画サイトって暇なときについつい見ちゃいますよねぇ。

そんで、いろいろ見ていくと「何この動画……」ってなるようなネッ広案件動画に出会ったり、思わずそっ閉じしたくなるような動画もあったりするわけです。

というわけで、今回は自分の知ってるyoutubeの謎動画を紹介したいと思います。

紹介とは言っても、すでにかなり有名なものばかりな気もしますが。

あ、一応言っておきます。人によっては【閲覧注意】の可能性があるので気を付けてね。

 

 

 

 

I Feel Fantastic

謎の人形?が合成音声で「アイ フィール ファンタスティック ヘイヘイヘーイ」と歌うだけの動画です。

随分と個性的な見た目の人形と、これまた個性的なメロディの歌、独創的な動画構成が特徴的です。

途中謎の山中が映されるところとか、唐突すぎて何これ……?というツッコミどころになっているのですが、謎すぎるあまり、その風景は実は死体が埋められた場所を映したものであるという噂まである始末。

実際はJohn Bergeronという方が作ったマネキン人形のミュージックビデオらしく、この子の名前はTara the androidというらしい。

それにしたって独創的が過ぎる……。

実際のところは、呪われてるだとか殺人だとかそういったことはなさそうです。

とは言え、作者の方はこのTaraちゃんの顔面にピアシングと称して釘を突き刺すような方らしいですが。

 

Blank Room Soup.avi

むせび泣きながら謎の汁をすすり続ける男と、それを慰めるように男をなでる着ぐるみのビデオです。

ちなみにサムネではマネキンは1体だけですが、後になって横からスッと2体目が現れます。初見は笑いました。あとスープの食べ方が汚い。

とまあ、動画の内容だけ見ればこんだけなんですが、こちらの動画にもいろいろ噂がついてます。

その噂とは、実は、このスープを食べさせられている男は借金のカタにここに連れてこられており、そのスープの具材は男の妻や母親であるというものです。

この動画の初出はいわゆるダークウェブ(ディープウェブ)上であり、猟奇趣味の人たちにこっそり見せていた動画が表のネット上に流出した、ということらしいです。ふーん。

ちなみに、別の説として、この動画に出てくるキャラと着ぐるみの作者が作ったただの意味深なPVに妙な尾ひれがついただけというものがあります。

しかし、当の作者本人が(面白がってか)前述の説に乗っかっちゃっているので正確な真偽は不明とのこと。

まあ、見たいように見ればいいんじゃないですかね。

LOCAL58 – Contingency

↑日本語翻訳のものです。

こちらの動画は、アメリカのとあるテレビ局で起きた放送事故で、有事により国家存亡が危ぶまれる際に放映する予定であった「国民に尊厳ある自殺を促す」映像が流れてしまったという動画です。

一見ゾっとする内容ですが、こちらの動画はフェイクなのでご安心ください。

性質としては「NNN臨時放送」と同じものですかね。

「NNN臨時放送」とは、TVの一日の放送時間が終わった後、突如として謎の背景と音楽をバックに人の名前が流れていき、最後に「明日の犠牲者はこの方々です、おやすみなさい。」という字幕が出る映像が流れた、という都市伝説を映像化したものです。

↑最後にびっくり要素があるので注意

そして、放送事故系の動画と言えばワイオミング事件やマックスヘッドルーム事件などが有名ですね。

ワイオミング事件は名の通り、アメリカのワイオミング州で発生したという電波ジャック事件とされていますが、こちらは事件そのものがフェイクであるとされています。

マックスヘッドルーム事件は、1987年11月22日にアメリカのイリノイ州シカゴで発生した電波ジャック事件で、「マックスヘッドルーム」というキャラクターを模したマスクをかぶった男の映像が2度に渡ってテレビで流されたという未解決事件です。

初めに紹介した動画の作者であるlocal58氏はこれ以外にも放送事故系ムービーを色々と作成してアップロードしているようなので良かったら覗いてみては。

 

おわり

と、いうわけで、今回はyoutubeの謎動画を紹介しました。

まだまだネタはあるので(有名どころばかりですが)機会があればまたやります。

怖いものとか不気味なものとかよくわからないものって、何故だか見たくなってしまう魅力がありますよねぇ。

では今回はこの辺で。

Ainowo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です